忍者ブログ

犬小屋

むんむん

  • « 2017.05. 
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2017 
May 23
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007 
September 18
「活字」というのは、私にとって美酒であり心の栄養剤でもある
好きな時間に本は読めば良いし、読みたくなければ読む必要も無いと思う
恩田 陸の「夜のピクニック」を読んだ
グレープフルーツジュースがベースで、ブルーキュラソーで青い色をつけスピリッツを入れた
すっきりしたカクテルのような物語
方道1時間以上電車に乗っているけど、この時間に本を読むので苦ではない
本を読んでいる感覚が好き
ストーリーに引きこまれて脳内麻薬が出るような、酔ったような感覚になる
物語もクライマックスの峠を越えあと少し

残り9ページ

ここで降りる駅に着いてしまった事に気が付き本を鞄にしまう
それは、美味しく飲んでいたら店が閉まってしまうような感覚
まだ、グラスにお酒は残っている
改札を出てもまだ頭は酔っていて、最後の一口を求めている
喫茶店に入るほどのページでもないけど、続きを読みたい衝動に駆られ
缶コーヒーを買い、道沿いにある公園のベンチへ
街灯の下で最後の一口を飲む事にする
氷が解けて、味が薄くなって酸味がある最後の一口を喉に流し込む
残り4ページ
あとは水と味の残滓を味わうだけ
プシュッ
「いやー今日も疲れましたね」
プシュッ
「あいつが居ると仕事がおそくて、あーあー」
でっかい声と、缶ビールを開ける音
残り2ページ
「でもよー〇〇が~」
「うざいですよねー」
最後の一口の味が、トラックの運ちゃんの悪口合戦で
醤油をかけられた氷水みたいになってしまいました

喫茶店に入るべきだった・・・後悔

文章を読み直して
私は何を書いてるんだろーと変な感覚に
小説にはそれぞれ味があるよなーって私の感覚の話でした

PR
Comment
Name
Title
Mail
URL
Color
Comment
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
活字好き勝負なら負けない!
恩田稑さんなら光の帝国 常野物語とライオンハートと劫尽童女なら読んだなー・・・。ライオンハートは結構難解だった記憶が・・・。
でもスキな作家さんの一人♪
個人的には常野物語が一番好きです。
夜のピクニックも読んでみたい一冊ですなー。
うにちょ: 2007.09/18(Tue) 23:40 Edit
活字大好き同盟!
恩田さんの作品はまだ、読んでないのがいくつかあるのです、読みたいのうw
夜のピクニックはオススメなので是非!!
犬の人: 2007.09/22(Sat) 17:56 Edit
Trackback
この記事のトラックバックURL 
[33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24] [23
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/05 ジャック・O]
[06/19 1@pk]
[03/24 ぱおに]
[03/14 晶子]
[01/30 じゅけん]
プロフィール
HN:
犬の人
性別:
非公開
ブログ内検索

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP

忍者ブログ[PR]